カメラバックの印象を変える「動物ストラップが意外と良かった」

こんにちは。 今回は撮影のネタではなく、カメラバックの話になります。 毎回重いカメラ機材を入れて持ち運ぶカメラバック。 大好きな写真撮影で使うバックだからこそ、カメラと同じように大切にしたいですね。 20歳代の自分がカメラバックを選ぶ上で、やっぱりデザインは重要視してしまいます。 スポンサードリンク 【デザインから見たカメラバックのイメージ】 ロープロなどの…

続きを読む

Snow-monkeyを撮影2/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」

こんにちは。 αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿の続きになります。 場所の説明や撮影に出かけた経緯は前回の記事をご覧下さい。 ・Snow-monkeyを撮影1/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」 ・Snow-monkeyを撮影2/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」 野生の日本猿が温泉に入る姿を撮影しているのですが、 今回は後半に撮影したおSnow-monkeyの姿と…

続きを読む

Snow-monkeyを撮影1/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」

こんにちは。 今年に入り、写真撮影で開拓し始めた分野があります。それが「動物写真」です。 今年の冬から撮りためた動物写真は多くあるのですが、今回紹介するのが 長野県の北部にある「地獄谷野猿公苑の日本猿 Snow-monkey」です。 スポンサードリンク 【信州にある地獄谷野猿公苑】 地獄谷野猿公苑は、長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする 横湯…

続きを読む

「SEL100400GMg」が海外発表-Eマウント超望遠ズームレンズ登場

こんにちは。 ソニーが海外でEマウント用の新しいレンズを発表しました。 それがFE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」です。 Eマウントでは動体が苦手なα7Ⅱしか持っていない自分ですが、 このレンズには表に興味があります。 なぜなら、自分はAマウントのSAL70400G2を所有しており、 これで長い事カワセミ撮影をしていたからです。 ス…

続きを読む

「α9」が海外発表-ソニーEマウント最上位カメラが登場

こんにちは。 ソニーαユーザーが待ちに待った日がやって来ました。それは、 いつかは出ると噂されていた「α9」と言う名称のカメラが海外発表されたのです。 ソニーはAマウントのフラグシップに「9」と言う数字を採用しています。 α900やα99Ⅱがそれに該当しますね。 しかし、Eマウントの最上位カメラは現在「α7RⅡ」と「7」どまりです。 つまり、いつかは「α9」の名を持った最上位Eマウン…

続きを読む

αで撮る真冬の富士五湖3/3「西湖」

こんにちは。 2017年2月7日に行った山梨県富士五湖、今回が最終回の記事になります。 今回はおそらく、富士五湖の中では一番馴染みのない「西湖」と言う湖です。 富士五湖と聞くと、調べなくても河口湖や本栖湖は思い浮かびます。 西湖は星空スポットを調べ始めてから知りました。 ・αで撮る真冬の富士五湖1/3「精進湖」 ・αで撮る真冬の富士五湖2/3「本栖湖」 ・αで撮る真冬の富士五湖3/…

続きを読む

αで撮る真冬の富士五湖2/3「本栖湖」

こんにちは。 今回は2017年2月7日に撮影した、山梨県富士五湖の続きの写真を紹介します。 今回は精進湖→本栖湖→西湖と訪れたのですが、 がもーさんに運転してもらっていたため、この三ヶ所がとても近く感じました。 ・αで撮る真冬の富士五湖1/3「精進湖」 ・αで撮る真冬の富士五湖2/3「本栖湖」 ・αで撮る真冬の富士五湖3/3「西湖」 スポンサードリンク 【…

続きを読む

αで撮る真冬の富士五湖1/3「精進湖」

こんにちは。 今回は2017年2月7日に撮影した山梨県にある富士五湖の写真を紹介します。 がもーさんと野辺山高原でやまなしの木と星空を撮影した後、そのまま富士五湖へ。 富士五湖は名前の通り五つのの湖ですが、今回行ったのは三ヶ所です。 まず最初に行ったのが「精進湖」です。 富士五湖周囲は標高1000m程であり、真冬は極寒の地でした。 スポンサードリンク 【αで…

続きを読む