吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」

2016年10月29日土曜日。
週末は珍しく土日休みであった為、吉祥寺へおでかけに行きました。
と言っても天気はどんよりとした曇り。
そんな中、駅から徒歩でも行ける名所「井の頭恩賜公園」へ行ってみました。
撮影機材はα7Ⅱ+SEL35F28Zのみ。

スポンサードリンク





DSC08641.JPG
まだ紅葉の始まっていない曇り空の日。写真に撮ってもなかなか絵になりませんね。
取りあえずファミリーマートでおにぎりを買い、ベンチでのんびり食べました。
そんな時、人が吸い込まれている場所を見つけました。
そこが今回のタイトルにもある「井の頭自然文化園」です。
【井の頭文化自然園の公式ホームページはこちら】
いつか来たいと思っていながら、なかなか来る機会がなかった場所です。
と言う事で、入ってみる事にしました。
サイトによると、井の頭自然文化園は吉祥寺通りを挟んで両側に跨いであるそうです。
今回僕が入ったのは、東側の七井門入口側のみです。
入ってみると、様々な鳥類が展示されていました。
また、所々にベンチや自動販売機があり、人も少ないです。
常時人の多い井の頭恩賜公園とは大違いですね。
DSC08654.JPG
いました。こちらが一番見たかった「オシドリ」です。
野生では見た事がなく、とてもテンションが上がりました。
色鮮やかな雄には、イチョウの様な羽が見られます。
焦点距離35mmでは限界があります。
例によって絞り解放で撮影し、檻の網を消しているんですが、ちょっと下手ですね。
DSC08652 - コピー.JPG
何とも絵になるケージ。これならトリミングで網を消す事が出来そうです。
DSC08652.JPG
トリミングを行ってみました。
絞り解放f2.8と被写体との距離で、見事に網が消えてくれました。
DSC08643.JPG
鶴などの大型の鳥類も見られ、卵も展示してありました。
これは子供さんも喜びそうですね。
そしてさらに進むと「水生物園」と言う建物がありました。
DSC08645.JPG
中に入ると様々な淡水魚が展示されており、触れるコーナーもありました。
水生物園の中は洞窟みたいに真っ暗です。
iso3200を上限にしています。α7Ⅱ、頑張ってくれていますね。
いつかα99Ⅱ+SAL70400G2で撮影しに来てみたいです。
夢で終わりそう(´・ω・`)。

【基本情報】
住所:〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6
アクセス:JR中央線、地下鉄東西線、京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩10分
TEL: 0422-46-1100
入場料:一般400円・中学生以下150円・65歳以上200円
[ここに地図が表示されます]


にほんブログ村


この記事へのコメント