SEL35F28Zで撮る「東京ディズニーランドのクリスマス」

こんにちは。
2016年12月09日金曜日の撮影記事になります。
東京都内の紅葉や鎌倉の紅葉の記事も書き終わり、一気にクリスマス景色へ。
相方があまりに「行きたい行きたい」と何言うもんで、行ってきましたよ。
クリスマス色に染まった東京ディズニーランドです。

【僕の大嫌いなディズニーランド】
まず最初に、僕は東京ディズニーランドが大嫌いです。
入場料金が高い・食べ物が高い・人が多い・アトラクションは行列…。
(そもそもアトラクションなど人工物が好きではない)。
みんな喜んで写真を撮る着ぐるみの中身は、ただのスタッフ(人間)。
そもそも人の付き合いで行く為、貴重な休日がまるまる一日潰れる…。
交通費、一日分の飲食を入れると一万円では足りません。
これなら温泉宿にでも行った方がずっと楽しいです。
そんなこんなですが、相方と最後に行ったのは一昨年の9月のディズニーシー。
→実はこの時、今の相方に結婚プロポーズをしましたヽ(´▽`)/。
そうです。
僕の相方は僕とは真反対に、ディズニーが大好きなのです(つд⊂)。
その為、今後も東京ディズニーランドへは行かざるおえないのです。

【僕の愛用カメラ、αがあれば東京ディズニーランドも楽しい場所になる】
そんな時にいつも手元にカメラがあれば、写真を撮るという目的ができます。
と言う事で、今回はα7Ⅱ+SEL35F28Zを持って出陣。
東京ディズニーランドを撮ると言う、楽しい撮影の旅になりましたヽ(´▽`)/。

スポンサードリンク





【昼間の東京ディズニーランドは絵にならない!?】
DSC09675.JPG
やっぱり人工物でできているため、違和感があり絵にならないんですよね。
DSC09682.JPG
逆光でシンデレラ城と太陽を入れてみました。
このレンズはSEL1635Zと同様に、太陽を撮るためのレンズと言えますね。

【東京ディズニーランドの夜は絵になる】
しかし暗くなると話は別。
DSC09701.JPG
無表情だったシンデレラ城がライトアップされ、どこから撮っても絵になります。
DSC09708.JPG
こちらは正面から撮影したもの。
ここからシンデレラ城に入ります。
物語を読みながら進むアトラクションらしいのですが、興味なし。
ただ撮影を続けます。
DSC09716.JPG
可愛い動物たちが出迎えてくれました。
DSC09722.JPG
ここからプーさんのアトラクションに行きました。
DSC09729.JPG
やはりライトアップされた人工物はそれなりに絵になります。
これは物語になっており、楽しかったです。
ちなみに、プーさんは無事にはちみつを食べることができていました。
ハッピーエンド~ヽ(*´∀`)ノ。
そして一番写真の撮りがいがあるのが、入口にあるクリスマスツリーです。
DSC09746.JPG
お土産屋さんの並ぶここには、一番大きなクリスマスツリーが飾られます。
これは純粋に綺麗です。
DSC09741.JPG
色々構図を変えて、同じクリスマスツリーを撮影してみます。
DSC09740.JPG
近づきすぎると人工物感が出てダメですね。
DSC09748.JPG
これなんかはお気に入りの写真です。
こう言う時に、開放f値1.4のSEL35F14Zがあると活躍してくれるんでしょうね。
次が最後の一枚。
DSC09749.JPG
時刻にして夜の20時。明日は仕事の為、この後帰りました。
久しぶりの東京ディズニーランド、次行くのはいつになるのか。。。
パレード撮影目的に明るい望遠レンズを持っていくと、もっと楽しめそうですね。
最後にホームページを下に載せます。
えらい重いホームページで、料金は奥深くに行かないと分からないですし、
住所も載っていないし、東京ディズニーランドは悪魔の国ですね。

【情報】
・住所:〒279-8511 千葉県浦安市舞浜1番地1
[ここに地図が表示されます]

・アクセス:JR京葉線、武蔵野線「舞浜」駅南口。
・料金:1デーパスポート大人:2016年現在7400円…高すぎΣ(゚д゚lll)。
・公式ホームページ。

にほんブログ村


この記事へのコメント