視覚障害と水泳スポーツ「羞明のある自分が選ぶ水中用ゴーグル」

こんにちは。
ここ最近自分の視覚障害について書いていませんでしたので、
今回は話題としてひとつ紹介したいと思います。
とは言っても、今回は極めて異例な「羞明」と言う症状の対策になります。

スポンサードリンク





【視覚障害の症状-羞明】
この症状は一言で言ってしまうと「光が過度に眩しく感じる症状」です。
自分はこの症状が、一般の弱視者や視覚障害者よりも重度です。
つまりは、サングラスなしでは屋外を歩く事ができません。
その為、お金やクレジットカードよりも、サングラスは大事な物です。
過去の記事で詳しく紹介してあるのでご覧下さい。
・眼の病気「羞明」とは!?
・「羞明」の対策に必要なサングラス

【日常生活ではサングラスで大丈夫、では困る場面は!?】
上記の記事でもある通り、専門店のオーダーエイド6万円でサングラスを注文。
一昨年の夏に作ったのですが、かなり丁寧に扱っている為、現在も問題なく使えています。
何度か床に落としましたが…ヽ(;▽;)ノ。そして、予備のサングラスも二つあります。
これで日常生活は事足りているのですが、ある場面では非常に困るのです。
それが「海水浴や水泳、マリンスポーツ」です。
実は一般的にサングラスには「可視光線透過率」と言う物があります。
光を遮光する値なんですが、水泳ゴーグルには可視光線透過率が小さい(遮光率が大きい)
製品がないのです。これ、スポーツ店に行ったのですがありませんでした。
また上で紹介したロービジョンセンターでも、
遮光レンズなどをオーダーメイドで入れることはできないと言われました。
その為、去年のハワイ旅行、実は泳がずに終わりました。
ワイキキビーチやラニカイビーチに行ったのに泳がない。これがどれだけ勿体無い事か。
(カメラを常に身につけていたからと言うのも実は水に入らなかった理由…)
そんな中、調べに調べた結果、見つけたのです。最高の遮光率の水泳ゴーグルを。

【エクシードゴーグル シルバーミラーレンズ】
DSC04228.jpg
最初に写真で紹介してしまうと、こちらのスイムゴーグルを購入しました。
これ、4000円以上しましたが、直接メーカーに連絡して、一番遮光率の高い物を聞きました。
その結果、可視光線透過率は分からないが、こちらが一番暗いとの事で、購入に至りました。
使用してみると大成功。襲名の自分でも、見事に眩しさを感じずに使用する事ができました。
初めて使用したのが去年の夏の伊豆、弓ヶ浜海水浴場です。
そして、去年の秋の石垣島のシュノーケリングでも使用しました(つまり無呼吸)。

【今後の使用について】
本来は世界のトップアスリートが使う競泳用のスイムゴーグルです。
曇り止め加工もされており、まだ二度の使用の為視界良好です。
自分は高校時代、水泳部でした。
毎日数時間の練習をした際は曇り止めがすぐに切れますが、趣味範囲なら十分です。
今年の夏はもしかしたら、またハワイのオアフ島に旅行に行くかもしれません。
次はこのスイムゴーグルを着用し、海水浴を満喫します。
その時はカメラにハウジングスーツを着せるかもしれません。

そしていつか若いうちに、サーフィンもやってみたいなと思っています。
人生はたった一度です。
スイムゴーグルに限らず、自分の身体にあった道具を使い、日常生活を快適に過ごしたいですね。

【情報】
・紹介して頂いた販売店リスト・アクアスフィア

にほんブログ村


この記事へのコメント