やまなしの木と星空を撮影「極寒の地野辺山高原の星景写真」

こんにちは。
いよいよ2017年2月の写真撮影を紹介して行きます。
今回の撮影は、2月6日の深夜1時出発。場所は長野県野辺山高原にある「やまなしの木」です。
ブログを通じて知り合った「がもーさん」に誘っていただき、夜な夜な東京を出発しました。
目的はやまなしの木なんですが、この時期夜明け前に昇る天の川とコラボさせるのがポイント。
プランは全てがもーさんに任せていたので、自分はカメラ機材と防寒対策だけ準備して出発。
深夜1時45分に自宅近くまで迎えに来て貰い、撮影地に到着したのは4時過ぎ頃でしょうか。
行く途中は雪がパラついていましたが、何はともあれ撮影開始です。

スポンサードリンク





【野辺山高原やまなしの木、そこは極寒雪景色の地でした】
近くにセブンイレブンがあり、トイレ休憩。
その駐車場では路面がカチコチに凍っていました。
そこそこ防寒対策はしていたのですが、調べると-10℃とか…。
さすがに耐えられないくらい寒さだったのですが、なんとか撮影を開始しました。
DSC03218.jpg
こちらが野辺山高原「やまなしの木」です。素晴らしい星景ですね。
雲がちらほらありましたが、東の空は見事に晴れてくれました。
写真のように畑に囲まれた一本道です。
撮影者も多いらしく、長時間露光の星景で人とかぶれば、好きな構図は選べません。
しかし2月上旬の平日であるこの日、撮影者はがもーさんと僕のひと組だけでした。
この位置で撮影しようと二人で決めたのですが、
今思うと、木の枝が山と被らないよう、もう数メートル近づけば良かったかも。。。
そして写真に我々が乗ってきたレンタカーが写っています。。。
と言う事で、免許のあるがもーさんに動かしてもらいましたヽ(*´∀`)ノ。
DSC03230.jpg
こんな感じで車も無くなりましたね。
雪景色が非常に綺麗なのですが、路面に車の跡があるのがちょっと残念!?
あとで色々調べると、畑に入り込んで撮影している物もありました。
ここで、RX100M3をインターバル撮影開始。
α7Ⅱ+LA-EA3+SAL1635Zは色々構図を変えて撮影をしていました。
早朝5時を過ぎると東の空は少しずつ青く明るくなってきます。
DSC03255.jpg
被写体であるやまなしの木を右手にずらして撮影。これもなかなかいいですね。
そして、山の上には横たわる帯状の模様が見えます。これが天の川です。
ちょうど右手遠くの街明かりと夜明けの影響から、かなり薄いです。
そして流れ星もゲットしました。
DSC03265.jpg
木の上に真横に流れる流れ星です。流れ星に関しては、数打ち当たれですからね。
夜中中インターバル撮影していれば、かなりの確率で入ります。
5時半を過ぎると星たちは消えていきます。
DSC03251.jpg
こちらは南方向になるのかな!?
ただの畑ですが、星がものすごい綺麗で絵になります。
DSC03276.jpg
こちらはやまなしの木と反対方向を撮影した物。
乗ってきたレンタカーがあります。
今回の撮影はここまでです。
この後がもーさんとのドライブが続き、富士五湖なども巡りました。
莫大な写真の量ですが、全て更新できるように頑張ります。

【撮影を終えて】

今回の星景撮影は、場所や時間・移動など全てがもーさん任せでした。
そのおかげで撮影は大成功。
撮影環境は足元は雪、気温は-10℃近くとかなり過酷でした。
逆にそのおかげで、この後の極寒地撮影での対策に繋げる事ができました。
次は撮影に集中できるよう十分な寒さ対策をし、木が目立つよう色々構図を変えたいですね。
がもーさん、是非また行きましょう(´・ω・`)。


にほんブログ村


この記事へのコメント