カメラバックの印象を変える「動物ストラップが意外と良かった」

こんにちは。
今回は撮影のネタではなく、カメラバックの話になります。
毎回重いカメラ機材を入れて持ち運ぶカメラバック。
大好きな写真撮影で使うバックだからこそ、カメラと同じように大切にしたいですね。
20歳代の自分がカメラバックを選ぶ上で、やっぱりデザインは重要視してしまいます。

スポンサードリンク





【デザインから見たカメラバックのイメージ】
ロープロなどの有名なメーカーが、機能性と防護性を重視した素晴らしいカメラバックを
たくさん販売していますね。
そのカメラバックの多くのデザインは、いかにもカメラ用と言った感じで、
ゴツくてとてもカッコ悪いです。
こう言う悩みは、カメラバックを選ぶ上で誰もが感じた事ではないでしょうか!?
今回は、そんな悩みをバックを変えずに少しでも改善できればと思い書いてみます。

【小さなバックはお洒落になった。でも大容量なバックはまだまだゴツイ。】

以前にも紹介しましたが、僕が現在本気撮影で使っているカメラバックがあります。
・カメラバックの選び方「撮影旅行に最適 カメラバック-Endurance」
こちらで紹介した記事でもわかるように、街撮り程度に必要な容量のカメラバックは、
それなりにお洒落な物が増えてきた気がします。
しかし、大容量なカメラバックは、そこまでデザイン性重視の物がありません。
それはそうですよね。
本気撮りでカメラ機材を運ぶ方の為に作られている訳ですから。
今回僕が買ったカメラバック-Enduranceは比較的シンプルでカッコイイと思うのですが、
それでも黒くてデカイ為、電車などではゴツく見えます。

【動物のストラップをつけてみたら意外と良かった】
そんな時、自分のカメラバックにあるストラップをつけてみました。
ちなみにそのストラップがこちら。
DSC03708.jpg
このお猿のストラップ、自分のブログを読んでいる方なら、どこで買ったかお分かりでしょう。
そうです。前回紹介した地獄谷野猿公苑のお土産やさんで買いました。
・Snow-monkeyを撮影1/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」
・Snow-monkeyを撮影2/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」
普段はストラップなど全く買わないのですが、こちらのお猿はツボに入りました。
写真ではすでにカメラバックにぶら下げているのですが、
黒いカメラバックに意外と合うのです。
デカくてゴツイカメラバックでも、このお猿が目に入れば癒されるヽ(´▽`)/。
と、勝手に思っています。
ではもう少し見ていきましょう。
DSC03744.jpg
こちらは多摩動物公園にユキヒョウを撮りに行った時に撮影。
お猿の存在が撮影後の疲れを癒してくれます。
何度も繰り返しますがこのカメラバック、本当に使い勝手がいい。
そして、この多摩動物公園で撮影した動物写真、後々紹介します。
ここからは、久々に持ち出したα77Ⅱレンズキットで撮影した四枚を載せます。
DSC01362.jpg
そうそう、新緑の今の時期、α77Ⅱを持ち出しまくっています。
その記事の更新は真夏になったりして…。
DSC01361.jpg
縦構図で撮影。
DSC01364.jpg
やはり、お猿だからピンと来るんでしょうね。
これがミッキーとかでは駄目ですからね(# ゚Д゚)笑。
DSC01363.jpg
撮影後ドデカミンを飲みながら一息、その時に撮影した写真です。

男性の皆さん、思い切ってカメラバックにストラップをつけちゃいましょうヽ(・∀・)ノ。

【関連記事】
・カメラバックの選び方「撮影旅行に最適 カメラバック-Endurance」
・Snow-monkeyを撮影1/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」
・Snow-monkeyを撮影2/2「αで撮る信州 地獄谷野猿公苑の日本猿」

にほんブログ村


この記事へのコメント

  • おわ

    おひさです。
    無骨なバッグでも、こういうストラップがついてるとどこかフフッってなるよね笑
    俺はついこの間X-T2買いました。
    お金ないからしばらくは標準ズームだけだけど笑
    そのうち単焦点とか欲しいな!

    やっぱり写真って面白い。
    2017年04月26日 22:39
  • うっち~氏

    お久しぶり。
    返信が遅くなってゴメン。
    実は週末に実家長野に帰っていたんだ。
    今さっき東京に戻り、パソコンに向かっている所。

    このお猿のストラップ、
    いつか引っ掛けて落としちゃいそう…笑。
    富士フィルムいいよね~。
    富士やニコンがフルサイズミラーレス出したら乗り換えるかも。
    2017年04月30日 17:32