RX100М3で撮る星景写真「神奈川県-真鶴・三ツ石海岸の星空撮影」

こんにちは。
前回α7Ⅱで撮影した真鶴-三ツ石海岸の星景写真を紹介しました。
今回は、サブカメラとして持っていったRX100М3で撮影した写真を紹介します。
行動計画など細かいコメントはなしで、気になる方は前回の記事をご覧下さい。
・α7Ⅱで撮る星景撮影「徹夜と野宿で行く真鶴・三ツ石海岸の星空」

スポンサードリンク





【DSC-RX100М3で撮る真鶴-三ツ石海岸の星景写真】
DSC01743.jpg
目的はインターバル撮影の為、いい構図を探しています。
これ、オーストラリアの砂漠にでもいるようないい構図ですが、
現地では左に変な岩が入り込んでしまったと思い、変えてしまいました。
ソニーの1インチセンサーと24mmf1.8のレンズ、本当に素晴らしいです。
何度も書いていますが、ニコンDLシリーズの18-50mmf1.8、今からでの出ませんかね。
DSC01745.jpg
とりあえず落ち着いた構図がこちら。24mmだとオリオン座はこんなに大きいんですね。
DSC02320.jpg
ちなみにこちらがα7Ⅱ+サムヤン14mmで撮影した写真です。
全然違いますね。
DSC02048.jpg
こちら、たまたま右下にインターバル撮影中のα7Ⅱが入りました。
この後RX100М3もインターバル撮影を開始。その様子がこちら。
DSC02052.jpg
頭上のオリオン座を目印に構図を決めました。冬の天の川、分かりますか!?
DSC02308.jpg
こちらはインターバル撮影終わりの方の写真。
真ん中を縦に走る冬の淡い天の川がはっきり見えますね。

【撮影を終えて】

DSC-RX100М3は、星景写真撮影のサブカメラとして非常に役に立ちます。
あとは、もっと広角なレンズを搭載したコンデジが出ると、即買いなんですがね。
次回はいよいよ、朝景写真に移っていきます。

にほんブログ村


この記事へのコメント