α7Ⅱ+SEL90M28Gで撮る「ロウバイの花 in 野川公園自然観察園」

こんにちは。
最近は撮り貯めた夜景や星景写真ばかりだった為、本日撮影したタイムリーな記事を。
最近写真撮影は全て「星景写真」に費やしていました。
思い返せば東京に引っ越した当時は、近所の都立公園を自転車で走り回り、
紫陽花や彼岸花など四季の花からカワセミなどの撮影にはまっていました。
そんな中、ふと上記の被写体は老後でも撮影できるな、と思いました。
若い今だからこそ出来るのが、過酷な環境で撮る「星景写真」だったのです。
と言いながら、ただ飽きたのと、たまたま夢中になっているのが星空撮影なのですが。

【冬晴れに久々に自転車を走らせて野川公園へ】
前置きはこれくらいにして、本題に入ります。
毎年2月に入るとセツブンソウや梅の撮影を行うのですが、
その時に必ず撮り忘れる花がありました。それが「ロウバイ」です。
このロウバイの開花時期がかなり早く1月中には先終わります。
その花は黄色く非常に小さいのですが、爽やかな甘い香りを漂わせます。
まだ1月11日、そろそろ咲いているのでは!?
と思い調べると、ちょうど見頃。今年は間に合った。さあ行こう。
と言う事で、野川公園自然観察園へ自転車を走らせました。
DSC04313.JPG
SEL90M28Gで撮影。野川公園は24時間入れるのですが、自然観察園は閉鎖されます。
DSC04311.JPG
SEL90M28Gで撮影。このように、開花中の花と場所の案内があります。親切ですね。
DSC02896.jpg
DSC-RX100M3で撮影。こちらが目標としていたロウバイの木。満開です。
さあ、最高のマクロレンズSEL90M28Gでバシバシ撮りましたのでご覧下さい。

スポンサードリンク





【SEL90M28Gで撮るロウバイの花】
DSC04266.jpg
まずはアップで撮影してみました。
ここは三脚が禁止であり、このような小さな花を手持ちで撮るのは難しいです。
DSC04267.jpg
花が向く方向は下のイメージがありましたが、上を向いているものもありました。
DSC04270.jpg
そして金の粒に見えるつぼみを撮影。花の蕾は本当にきれいです。
DSC04276.jpg
少し手前に引いて撮影。
DSC04290.jpg
背景が暗い位置で一枚。
DSC04288.jpg
さらに引いて撮ります。
DSC04289.jpg
背景の落葉樹と青空と黄色いロウバイの花、いい組み合わせです。
DSC04283.jpg
ここからまた花に寄って撮影。
DSC04285.jpg
形のいい花を探します。
DSC04287.jpg
こちらは配分がいい感じ。
DSC04293.jpg
頭上に咲くロウバイの花。
DSC04300.jpg
いい感じの蕾を発見しました。
DSC04296.jpg
最後に蕾にピントを合わせて撮影。

【周辺の様子】
SEL90M28Gで野川公園自然観察園を切り取りました。
DSC04302.JPG
武蔵野らしい雑木の森が広がっています。
DSC04305.JPG
木道などで整備された遊歩道があります。
DSC04304.JPG
所々に池があります。この辺は湧水が豊富だそうです。

【撮影を終えて】
DSC02899.jpg
今日は久しぶりに近所の公園へ行きました。
そんな中、一人のおじさんとすれ違った際に声をかけられました。
「こんにちは、もしかして前にカワセミを撮影していた人!?」。
そうです。2014年にα77Ⅱを買った頃に夢中で撮影していたカワセミ。
その時に現地でお世話になったおじさんの一人です。
会話を交わしながら、ふと懐かしい気持ちになりました。
DSC05731.JPG
今はほとんど使わなくなったα77Ⅱと手放してしまったSAL70400G2。
またカワセミを撮影したい。いつかは資金を集めてα9系と望遠レンズを狙っているのですが、
星空のためにデジタル一眼レフも検討中。ん~、悩ましい。
そして、次カワセミを撮るならフルサイズセンサーで撮りたい。
α99Ⅱ+タムロン150-600二型が自分には一番合っていそう。。。
タイトルとは全く関係のない話でしたが、機材の話は飽きないですね。

にほんブログ村

この記事へのコメント