こんにちは。
今回紹介するのは、CP+2018のソニーブースに展示されていた開発中のレンズです。
それは、まさかのヨンニッパと呼ばれるレンズ。
完全にスポーツの世界をメインに使われるレンズですね。
現時点で100400GМが最長ですが、ヨンニッパとなれば、×2のテレコンでハチゴロー。
野鳥撮影でも活躍してくれるレンズになりそうですね。
では、参考展示されていた画像をご覧下さい。

スポンサードリンク





【SEL400F28GМの参考展示】
DSC06800.JPG
DSC06801.JPG
DSC06803.JPG

【感想】
とにかく大きくて迫力のあるレンズでした。まだ仕様は発表されていません。
今年中に商品化されるらしいのですが、他社比較で150万とかするんじゃないかな。
いずれにせよ、今後のアナウンスが楽しみですね。
・α7Ⅲ試写レポート「ポートレート/瞳AFとiso比較」CP+2018にて
・α7Ⅲ試写レポート「スポーツ/動体追従と瞳AF」CP+2018にて
・シグマ「フルサイズ対応ソニーEマウントArtレンズ」CP+2018にて

にほんブログ村


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。