αで撮る「千葉県外房-御宿と大波月海岸の旅」

2018年3月24日は何と午後休。そして翌日の25日は休日。
と言う事で、仕事終わりに電車で千葉県外房の御宿へ行ってきました。
弾丸一人旅なので、4000円弱で泊まれる素泊まりの民宿を予約。
宿である拠点は、JR御宿駅と景勝地-大波月海岸とのちょうど中間地点にとりました。
こうする事で、車なしの徒歩でも大波月海岸へ行くことができます。
とは言っても、数キロは歩くことになりますが…。

スポンサードリンク





【千葉県外房御宿を訪れる】
DSC09164.jpg
到着したのは午後16時頃。思ったより田舎で、何もない場所です。
湘南の活気あるサーフビーチに比べ、のんびりした時間が流れる場所ですね。
DSC09162.JPG
今回とった宿がこちら。
DSC09155.JPG
部屋はこんな感じ。冷暖房・テレビがあれば十分ですね。
さっと荷物を整理して、星空撮影に向けて大葉月海岸へ下見に行きます。
DSC09163.jpg
このような海岸を北へ向かって歩きます。
DSC09171.jpg
ビーチがなくなり、山道へ入っていきます。

【夕景時の大波月海岸】

DSC09174.JPG
しばらく歩くとこのような場所にたどり着きました。
情報では、車で通ったら気づかないくらいわかりづらい場所との事でした。
自分は徒歩であり、しっかり地図を頭に入れておいたので、すぐに分かりました。
実はこの事で、夜間の星空撮影の際に同じ撮影者を助ける事ができたのです。
その様子は次回の記事で。
DSC09222.jpg
ようやくたどり着きました。念願だった大波月海岸です。
先日に雨が降ったこともあり、道はかなりぬかるんでいました。
DSC09258.jpg
そのおかげで、雨上がりに現れると言われる滝も見ることができました。
DSC09219.jpg
景勝地で知られる大波月海岸、こちらがシンボルのロウソク岩です。
DSC09253.jpg
ここで日が沈むまで写真撮影を楽しみました。
DSC09273.jpg
さあ暗くなってきたので、夕食を食べに宿に戻ります。DSC09275.jpg
そうそう、海岸入口の岩の上から見る景色も面白いです。

【御宿海岸のマジックアワー】

DSC09327.jpg
御宿の街の方へ戻ってくると、既に辺は真っ暗です。
DSC09329.jpg
サーフィン帰りの車をパシャリ。

【御宿の夕ご飯は!?】
素泊まりと言う事もあり、夕御飯を食べる場所を探さないといけません。
もちろん軽食やカップラーメンを非常用に持って行きました。
しかし、せっかく海へ来たのだから…。
DSC09343.JPG
一人旅、贅沢をしましょうよ。
地元で知られるお寿司屋さんを訪れました。
DSC09337.JPG
年配の夫婦や旅行のカップルがいる中、店内真ん中の席で一人お寿司を待ちます。
DSC09341.JPG
出てきました。メニューも豊富でとても美味しかったです。
ただ、量がやや少なかったため、帰ってカップラーメンのチリトマトを食べました。

【夕飯の帰り道は御宿海岸へ】
DSC09354.jpg
有名な銅像ですが、名前を忘れました。
この時は月も出ており、サブ三脚でさっと撮影。
宿に戻って、夜間の星空撮影に備えて早く一眠りしないといけません。
DSC09351.jpg
でも記録はしっかり撮りたいと夢中になってしまうのが、写真撮影です。

【撮影を終えて】

次回は本命の大波月海岸の星景写真や朝景写真を紹介します。
御宿の街、やはり田舎だな~と言う感じでしたが、真夏は違うんでしょうね。
続きをはこちら↓
・αで撮る星景写真「千葉県外房-大波月海岸に昇る天の川」

にほんブログ村

この記事へのコメント