「KANI、星景撮影用のハーフソフトフィルター」登場

こんにちは。
地上と星空を一枚に収める星景写真の撮影。
みなさんはソフトフィルターを使いますか!?
自分は星を強調させたい時に使うのですが、やはり地上の光が増強して不自然になります。
こんな悩みを解決させる素晴らしい商品が発売されるそうです。
それが、「KANI、星景撮影用のハーフソフトフィルター」です。

スポンサードリンク





【KANI、星景撮影用のハーフソフトフィルター】
今回は、ヤフーニュースで出ていたので引用しますね。

株式会社UCTは、「Partial Soft Focus Filter」の2モデルを6月10日に発売する。
希望小売価格:
100×150mmが税込2万3,800円。
150×170mmが税込2万9,800円。
同社オンラインショップとAmazon.co.jpのみで販売する。

説明:
空の範囲が70%以上になることが多いという星景撮影に向け、ソフト効果を70%、
透過を30%としたハーフソフトの角形フィルター。
縦長サイズとしたことで位置合わせの微調整に対応する。
プロ/ハイアマの検証によりソフト効果は抑えめにしたという。
なお、ハーフソフトの170×190mmサイズと、
同じく星景撮影用の十字クロスフィルターも6月中に発売予定としている。
01_o.jpg
02_o.jpg
画像引用:デジカメwatch
    (二枚目は使用イメージ(株式会社UCT提供)だそうです。)
なるほど。角形フィルターはやっぱり高いですね。
自分は買うかはわからないですが、みなさん参考にしてみて下さい。

関連記事:
・KANI、星景撮影用のハーフソフトフィルター-yahooニュース
・KANI、星景撮影用のハーフソフトフィルター-デジカメwatch

にほんブログ村


この記事へのコメント